”家庭で出来る簡単リハ ホームリハビリの為の方法と理論”

「6ヶ月で卒中麻痺はリハビリ終了」
納得できない方はぜひお越しください。

6ヶ月目からこそがリハビリ技術の見せ所。
6ヶ月、1年、2年の継続で変わる!
発病半年以降も徹底的な個人指導でリハビリを行います。

11779930_30371325s.jpg  11779930_198782484s.jpg
お問い合わせ
名前:リハジム
住所:名古屋市千種区茶屋坂通2丁目68-1 グリーンコーポ茶屋ヶ坂B1
営業日:月〜金曜日(時間外は訪問可能) 完全予約制
電話番号:052-723-1115
アクセス:名古屋市営地下鉄 名城線 茶屋ヶ坂駅 A番出口 南へ徒歩1分
ウェブサイトURL:http://www.rehagym.jp/
メールアドレス:kawadu1@hotmail.com
一言:開く手踏み込める足を一緒にリハジム広告表題.jpgリハジム広告表題.jpgお気軽にお問合せください

2009年02月07日

闘うリハビリ だけでなくリラックスも重要!

『リハビリの指導の多くは入力系、力を入れる指導?』リラックスして力を抜くだけで、手の痙性も姿勢も改善します。動くというのは力を入れるばかりでなく、抜けるところは抜けないと、引っ張りあって動けない。
リラクゼーションをしなさいという言葉は聴くがその具体的方法が示されたものが少ないように思う。 そこで1つ紹介します。

胸郭部と横隔膜のリラクゼーション
を行うと手の痙性も抜け 姿勢も改善します


1仰向けに寝た状態、寝苦しい方は頭や膝下に枕で楽な姿勢にする。

2横隔膜付着部、肋骨とお腹の境の肋骨寄りに体重の1割程度の重りを乗せる リストバンド状の重りを開いて2〜3個置く

3深呼吸を行う。深呼吸は吐く息に注意を向け、いつもの呼吸の1.5倍〜2倍程度の苦しくないくらいの長さで吐く。力が抜けると徐々に長くなり目標は3倍。

4吐く息に注意を向け吸う息は苦しくなったら吸うという感じで自然に任せる。ただし吸い切ったところで軽く1〜2秒止める。決して我慢はしない。苦しく感じたところでスグに長く吐いてゆく。
止める方法は数回〜数分ぐらい、ゆったりとした呼吸になってきたら止めて良い。

これを数分行ったあと、重りを取って数分同じように行う。

ある程度脱力が出来るレベルの方であれば自主トレで可能な方法です。


ただし、緊張が強く呼吸を長く出来ない方の場合は、専門家の介助が必要です。

ヨガの呼吸法をやりやすくした呼吸法です。
これにボバース系、PNF系の呼吸リハのできる方がサポートして適度に胸郭を動かせればとてもリラックスした状態になります。

最近の日記で紹介した車椅子で頚部と麻痺手の痙性を抜いた方法は、この呼吸法をアレンジした結果です。

重りを使うことである程度自主トレで可能な方がいるかと思いますので紹介してみました。

注意:吐く事が出来なくて吸うばかりになってしまう方は、過呼吸になるのでそのままでは自主トレには向いていません。一度指導が必要です。

手(グー)闘うリハビリ だけでなく、リラックスする癒しも大事なんですね

良い リハビリ動画が取れたらアップしますね


上手く出来ない方は一報ください koruku-9@cyber.ocn.ne.jp
posted by メントレ at 00:10| Comment(4) | TrackBack(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 歩こうとするときや歩いている途中、そして歩き終わった時のリラックスも必要ですから、簡単なリラクゼーションを身につけると良いですね。

 話は横にそれますが、血圧を測るときに説明された深呼吸を数回繰り返し、心を落ち着けて測定すると、正常な数値が測れます。緊張したり、イライラしているときに測ると高い数値が出ます。測る前に数回この深呼吸をすると血圧は正常値まで下がります。この時もゆっくりと息を吐くのがポイントです。
Posted by マサおじさん at 2009年03月01日 16:58
 歩こうとするときや歩いている途中、そして歩き終わった時のリラックスも必要ですから、簡単なリラクゼーションを身につけると良いですね。

 話は横にそれますが、血圧を測るときに説明された深呼吸を数回繰り返し、心を落ち着けて測定すると、正常な数値が測れます。緊張したり、イライラしているときに測ると高い数値が出ます。測る前に数回この深呼吸をすると血圧は正常値まで下がります。この時もゆっくりと息を吐くのがポイントです。
Posted by マサおじさん at 2009年03月01日 17:07
マサおじさん
血圧が下がるという事はそれだけでも全身に影響が及んでいるという事ですね。麻痺に至った方の多くの方が、緊張状態や感情でも体の動きに影響がある。身体自体に異常な緊張(痙性)がましてしまうとか、痛みや嫌な体の感覚等が出てくることが多いようですので、自律神経に影響を直接与える事と、気持を落ちつかせる事に有効な呼吸法はとても有効だと思います。

ヨガを初め様々な健康法に呼吸法があるのは、呼吸は一見地味ですが隠れたベストセラーなんでしょうね。

Posted by メントレ at 2009年03月06日 04:26
市議会百条調査特別委員会(三浦貞雄委員
Posted by トリーバーチ 財布 at 2012年07月30日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。